アパート マンション 経営 不動産 資産運用 デメリットとは!

FrontPage

アパート マンション経営  

満室経営とは・・・賃貸ビジネスも必ずしも利益が上がるとは限りません。アパート マンション経営のリスクを避けるには・・・・・

アパート マンション経営とは

デメリットを知る  

  • 最近アパート マンション経営についてテレビでコマーシャルがよく流されます。経営のメリット(Merits)ばかり強く押し出されることが多く、冷静にその特性を理解・判断しないと、失敗することにもなりかねません。
  • アパート マンション経営はメリットが多い分、当然、デメリットも多いものです。
  • アパート マンション経営のデメリットを正しく理解しておかなければ、メリットとデメリットを判断し、リスクを回避することはできません。
  • デメリットを理解することは極めて重要です。投資額が多いのですから・・・

アパート マンション経営の特徴  

  • 専門性が高いこと。
  • アパート マンション経営は、不動産のみならず、税務や建築の知識が必要である。
  • 通常は、経営運営を建設業者、ハウスメーカー、不動産業者に、その経営運営を任せてしまうことが多い。

アパート マンション経営は保険と似ている点  

  • 最家賃の一括保証などで安定経営を図るというシステムが多い。
  • 一括保障は当然オーナーが得るべき収益はその分少なくなってしまう。
  • アパート マンション経営は換金性が悪い  

経営は、不動産投資の一種である。

  • 投資には株、投資信託、保険などさまざまな種類があるが、アパート・マンション経営がその他の投資と決定的に違う点は、換金性です。
  • 株や投資信託などの商品は、現金として換金をすることが比較的簡単にできるが、アパート マンションは不動産であり、即、売却とはいかない、性格上、今すぐに売れるものではないのです;。

アパート マンション経営は負債比率が高い  

  • 自分が所有している土地の有効活用を図るものです。
  • 自己所有であれば、資金を土地を担保に借り入れられるが、自己資金を一切投入せずとも、アパート、マンションを経営することができる可能性は高くなります。しかし、一方で多額の借金を抱えることになるのです。
  • オーナーが、自分の土地にを資金借り入れでアパート、マンション建物を建設しても借金を返済するまで自己所有とはなりません。

アパート マンション経営、金利の上昇と賃料水準  

  • 通常、不動産投資の場合、利回り的に効率的な運用を行うのは当然のことなので、借入金を併用することが一般的と思われます。
    そして、借入金に適用される金利は、銀行の金利推移とともに金利変動しますので、金利が上昇すると、その分支払利息も増加してしまい、収益性が悪化します。
  • 一般的に不動産関係の賃料はインフレ時には物価の上昇に応じて上がる傾向にはあるが、金利が上昇したからといってすぐに賃料を値上げするわけにはいかない。不動産賃料は、物価上昇の状態を見極めながら徐々に後追いの形で上昇していくのが一般的です。

不動産経営を勉強する

参考書を軒並み熟読する!

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional